« 除草 | トップページ | 猟師になった »

2013年7月13日 (土)

2013_0704_110823p7040012_r


これは稲の幼穂です、つまり稲穂の赤ちゃん

2013_0704_115010p7040013_r 


株の一番成長のいい茎を選び引っこ抜いて皮をむき幼穂、つまり稲の穂の成長を調べ穂肥をいつやったらいいのかを判断するのです

この幼穂の長さで穂が出る時期を判断します、出穂時期は7月5日頃の予定

もちろん成長は田んぼによって違うので、この時期農協の研修が入り指導します

一般的に幼穂が1センチだと出穂は18日後です

偉そうな事を書きましたが、稲作委員として勉強中です、こんな役も若い?者に回ってくるんです

|

« 除草 | トップページ | 猟師になった »

田んぼ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« 除草 | トップページ | 猟師になった »